2010年11月19日

ギニアの混乱


ギニアの大統領が先日決まりました!

だからって平穏がおとずれるわけでなく
やはり”混乱”・・・・

この国のことだから
穏便に終わるわけないとは思っていたけどさ〜


昨日も現地に電話して状況を聞いてみた。

一部の地区ではかなり危険らしいが
一般市民は通常の生活をできている様子みたいだけど・・・・


当選したコンデ氏がマリンケ族
小差で負けたディアロ氏がフラ族

選挙に不満を持ち
中心的に暴動を起こしているのがフラ族のひとたち。

今回の選挙で決まった大統領に大喜びしているのがススとマリンケ族のひとたち。

すごい温度差。

ギニアには主にスス族・マリンケ族・フラ族がともに生活してるんだけど、
やっぱり族によって
言葉も文化も違う
考え方や属してるおもな職業やらにもいろいろ違いがあって・・・・

日常でも
ささいないざこざがあると
あいつは〜族だからこうなんだ!
〜族はだめだ!
とか、小言を聞くことがある。

普段、共存してうまくはやってるようだけど
根ッ子にある
”ちがい”
ってゆうのは
なかなか解消されないのかな
なにかしらあると、こうゆうおもいになっちゃうんだね
悲しいことだけど・・・

日本人に生まれ
ひとつの人種しかいない国にすんでるわたしたちには
理解しにくいことだよなぁ

ずっと前からの
歴史が物語る
双方のおもい

難しいよね・・・


ルワンダの過去とかいやでも思いだしちゃう

族同士の戦いはほんとに怖い
昨日まで仲良かった隣同士の憎みあい、殺し合い・・・・・


ギニアが民族紛争なんかに発展しなきゃいいけど
(考えるだけで胸が痛いよ)


みんな仲良くやってほしい

ギニアの平穏を祈ります・・・・




PIC_0154.JPG

PIC_0530.JPG

PIC_0506.JPG





posted by NANA at 21:58| Comment(2) | ギニア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こないだはお邪魔しましたー。
なんか緊張したけど、楽しかったよ!ああゆう機会っていいよね☆

なんだかねぇ、複雑だよね。
民族同士で、この民族にはこういう対応、こっちにはこう、とか。
「お前は○○民族だから〜なんだよ」みたい決まり文句なやり取りがあるみたいだよ。
専門用語だと「冗談関係(joking relationship)」っていうんだけど、それは本当にけんかする訳じゃなくて、簡単にいうとお互いの距離間を保つためにわざとするものみたい。

そうやってお互い牽制しつつずっと生活してきたところに、フランス政府が介入してきて、その関係性に余計な亀裂を入れちゃったのよね−。

でもそれはもう消せない過去だからね。これからどうしていくか、だよね。
彼ら自身の中から変わっていって欲しいと思う。
外野がどうこういったって、そんな上からの押しつけは旧植民地政府がやっていたことと同じだから。

良い未来を祈ります。
Posted by lady at 2010年11月20日 14:43
ladyちゃん

こないだはこちらこそありがと〜
みんな来てくれて盛り上がってよかったよ〜
またいつでも寄ってね!!

さすが、専門分野!
勉強なります!

でもほんと違う族同士の共存って
わたしらが思う以上に複雑で難しくて
それをなんだかんだうまくやってるアフリカの各諸国はほんとはすごいことなんかな〜ともおもうしね〜。

ほんと簡単には口出しもできない。

んんん、難しい・・・・








Posted by NANA at 2010年11月20日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。